創業者と承継者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久々の投稿です。

先日ある勉強会で非常に興味深い(ある意味納得できる)話がありました。

創業者と事業承継者の意識の違い

事業承継者が、これからの会社の運営や現経営者との微妙な距離感等悩みを話ししていた時、意見を求められた創業者が「会社を経営する覚悟はあるのか? 例えて言えば経営がうまくいかなかったら借金まみれになって一族郎党路頭に迷って死ぬかもしれないという意識をもって会社経営をする覚悟はあるのか?」との問いを投げかけました。

ここで、先ほどの悩みを話していた事業承継者とは別の事業承継者が「自分にはそのような覚悟はない。ただ、先代やそれ以前から脈々と受け継がれてきた財産を引き継ぎ、借金は返済し、資産を守り発展させていく使命感は誰にも負けずにある」と発言しました。

ここで興味深かったのは、創業者はすべて自分がゼロから作り上げていくため、自分が作り上げていったものが無くなってしまうことも想定でき、その時の心構えというか心の準備も比較的イメージしやすいのに対して、事業承継者はすでに一定の事業基盤があることが前提になっているので、それらが無くなってしまうということを想像するのが難しい、という意識の違いです。

これはそれぞれの立場を経験したことのあるものにしかわからない感覚でしょう。

もしかするとお互い無いものねだりかもしれません。

つまり創業者は、事業承継者をすでに事業基盤があるということで羨ましく思うかもしれませんし、事業承継者は、受け継ぐ事業基盤に対して感じるプレッシャーからゼロから自分の自由(ぜんぜん自由ではないと思いますが)にすべてを作り上げていくことが出来る創業者を羨ましく感じるかもしれません。

特に創業から3年以内に廃業する確率は70%以上と言われている現代で、事業を引き継ぐということはその会社が少なくとも10年、20年あるいはもっと長い社歴があることでしょう。

そのような会社を引き継ぐというプレッシャーは実際に経験したものにしかわからないものがあると思います。

当然創業者には、何もないところからすべてを作り上げていかなければならない、例えようのない苦労が24時間365日離れることなく付きまとっている、という事業承継者にはわからない大きなプレッシャーを経験されていることと思います。

経営者に共通して言えること

ただ、どの方にも共通して言えることは、どんな立場であろうと経営に対して真摯に向き合い、日々研鑽し努力されているということです。

議論の中全てでこのような真剣さがひしひしと感じられ、襟を正す思いで聞き入っていました。

なお、この勉強会の皆さんはお互い強い信頼関係で繋がっておられるため、あえて強い言葉遣いで話をされていましたが、その中には相手をおもんばかり、自分の思いをどう言えば相手に理解してもらえるのか、を常に念頭に置きながら話をされているというところがひしひしと伝わる、温かく熱のある勉強会であったことを、申し添えておきます。

私自身様々な経営者の方とお話しする時や、新ビジネス承継塾でお話をする時にこのような意識の違いも自分の中で意識しながら話をすると、より向き合えるかなと思います。

本当に有意義な時間でした。

意外だが納得?

そうそうこの勉強会で事業承継者が、例えば同じ1億円であれば、借金1億円を引き継いで返済することと、現金1億円(返済不要)を自由に使って将来継続して利益を生む仕組みを作れと言われること、を比較すれば借金の返済の方がはるかに楽だとも言われていました。

あわせて

このたびこのようなセミナーを企画しました。

頑張って作成した経営計画を従業員が理解してくれないとか、経営計画の達成に従業員が真剣になってくれないというようなお悩みはございませんか?

そんなお悩みをお持ちの経営者(経営幹部)の方に朗報です!

このセミナーでは、経営者と従業員が経営目標を共有し、経営目標の達成に協働して邁進できる!

そんな方策をお伝えします。

ぜひご参加ください。

社員のほんとのやる気、引き出せていますか?

 

 

にほんブログ村 経営ブログ 経営支援へ にほんブログ村 経営ブログへ *ブログ村に参加してます
  

SNSでもご購読できます。