企業はなぜ成長していかないといけないのでしょうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はなぜ企業は成長しないといけないかということについて考えていきましょう。

企業の成長

ことあるごとに社長が「今期は売上高前年比110%を目指せ」といった類の発言をして社員にはっぱをかけているという話を耳にすることはよくあるのではないでしょうか。

では、なぜ企業はこのように成長していかないといけないのでしょうか。

これが家族経営の個人事業で家族(ごくわずかの従業員を含む場合もありますが)が生活できればいいという考えであれば無理に成長する必要はないでしょう。

逆に無理に成長しようとするとひずみが起き破綻するかもしれません。

しかし多くの従業員を抱え事業展開している企業の場合はそうはいきません。

なぜなら、企業は惰性に陥ると停滞するので常に活性化を図らなければなりません。

例えば人の採用に関していえば、退職者が出た時にその補充のために行うだけで普段は行っていない中小企業は多いと思いますが、惰性に陥らず企業を活性化させようとすれば定期的に人の採用を行う必要があります。そのためには企業は成長し続ける必要があります。

さらに企業は成長することでその社会的役割(より多くの顧客に満足を与え、より多くの社員に安心とやりがいを与える)も果たしていくことになります。

成長戦略

ここで企業の成長戦略について少し考えていきましょう。

例えば売上を伸ばすという大きな命題があります。

売上を伸ばすのにはどのようにすればいいのでしょうか。

やみくもにカタログを持って顧客(もしくは顧客になるかどうかわからないが取り敢えず目の前に並んでいる会社や個人)を順番に回ればなんとかなるのでしょうか。

昔ながらの「飛び込みでも何でもいいから1100件以上回ってこい!」という精神論的な営業方法は労多くして効果はほとんどないことは皆さんもよくお分かりだと思います。

では成長する(ここでは売上を伸ばすこととします)という大きな命題(戦略)に対してどのような方法(戦術)を取るべきでしょうか。

例えば今の商品ラインアップで顧客を増やす(市場拡大)のか、新商品(サービス)を開発して今の顧客の中にある潜在需要を掘り起こす(市場充実)のか、はたまた新商品(サービス)を新しい顧客に提供していく(市場拡充)のかはっきりさせないといけませんよね。

現実は上記のように単純なものではなくターゲットとなる顧客は誰なのか、潜在需要とはどのようなものが考えられてそれを掘り起こすためにはどのような商品(サービス)が必要なのか等々非常に緻密な検討が必要です。

これこそまさに戦術と言えるものではないでしょうか。

戦略、戦術、戦闘の関係についてはまたの機会にお話しします。

今回はここまで・・・

にほんブログ村 経営ブログ 経営支援へ にほんブログ村 経営ブログへ *ブログ村に参加してます
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。