セミナー

創業者と承継者

久々の投稿です。

先日ある勉強会で非常に興味深い(ある意味納得できる)話がありました。

創業者と事業承継者の意識の違い

事業承継者が、これからの会社の運営や現経営者との微妙な距離感等悩みを話ししていた時、意見を求められた創業者が「会社を経営する覚悟はあるのか? 例えて言えば経営がうまくいかなかったら借金まみれになって一族郎党路頭に迷って死ぬかもしれないという意識をもって会社経営をする覚悟はあるのか?」との問いを投げかけました。

ここで、先ほどの悩みを話していた事業承継者とは別の事業承継者が「自分にはそのような覚悟はない。ただ、先代やそれ以前から脈々と受け継がれてきた財産を引き継ぎ、借金は返済し、資産を守り発展させていく使命感は誰にも負けずにある」と発言しました。

ここで興味深かったのは、創業者はすべて自分がゼロから作り上げていくため、自分が作り上げていったものが無くなってしまうことも想定でき、その時の心構えというか心の準備も比較的イメージしやすいのに対して、事業承継者はすでに一定の事業基盤があることが前提になっているので、それらが無くなってしまうということを想像するのが難しい、という意識の違いです。

これはそれぞれの立場を経験したことのあるものにしかわからない感覚でしょう。

もしかするとお互い無いものねだりかもしれません。

つまり創業者は、事業承継者をすでに事業基盤があるということで羨ましく思うかもしれませんし、事業承継者は、受け継ぐ事業基盤に対して感じるプレッシャーからゼロから自分の自由(ぜんぜん自由ではないと思いますが)にすべてを作り上げていくことが出来る創業者を羨ましく感じるかもしれません。

特に創業から3年以内に廃業する確率は70%以上と言われている現代で、事業を引き継ぐということはその会社が少なくとも10年、20年あるいはもっと長い社歴があることでしょう。

そのような会社を引き継ぐというプレッシャーは実際に経験したものにしかわからないものがあると思います。

当然創業者には、何もないところからすべてを作り上げていかなければならない、例えようのない苦労が24時間365日離れることなく付きまとっている、という事業承継者にはわからない大きなプレッシャーを経験されていることと思います。

経営者に共通して言えること

ただ、どの方にも共通して言えることは、どんな立場であろうと経営に対して真摯に向き合い、日々研鑽し努力されているということです。

議論の中全てでこのような真剣さがひしひしと感じられ、襟を正す思いで聞き入っていました。

なお、この勉強会の皆さんはお互い強い信頼関係で繋がっておられるため、あえて強い言葉遣いで話をされていましたが、その中には相手をおもんばかり、自分の思いをどう言えば相手に理解してもらえるのか、を常に念頭に置きながら話をされているというところがひしひしと伝わる、温かく熱のある勉強会であったことを、申し添えておきます。

私自身様々な経営者の方とお話しする時や、新ビジネス承継塾でお話をする時にこのような意識の違いも自分の中で意識しながら話をすると、より向き合えるかなと思います。

本当に有意義な時間でした。

意外だが納得?

そうそうこの勉強会で事業承継者が、例えば同じ1億円であれば、借金1億円を引き継いで返済することと、現金1億円(返済不要)を自由に使って将来継続して利益を生む仕組みを作れと言われること、を比較すれば借金の返済の方がはるかに楽だとも言われていました。

あわせて

このたびこのようなセミナーを企画しました。

頑張って作成した経営計画を従業員が理解してくれないとか、経営計画の達成に従業員が真剣になってくれないというようなお悩みはございませんか?

そんなお悩みをお持ちの経営者(経営幹部)の方に朗報です!

このセミナーでは、経営者と従業員が経営目標を共有し、経営目標の達成に協働して邁進できる!

そんな方策をお伝えします。

ぜひご参加ください。

社員のほんとのやる気、引き出せていますか?

 

 

社員のやる気を引き出すセミナーを開催いたします。

 

【セミナー概要】
経営目標を社員の方々へ浸透させるのは難しいと思っていませんか?
このように思われる状況はよくあるケースなのですが、
これには明確な原因があります。
そして、このような状況を解決させる方策も存在するのです。
解決させる方策は、とてもシンプルです。
実は、経営目標や事業計画を立てる際、
みなさまが当たり前のようになさってることが
「よくある失敗」のパターンであることが圧倒的に多いのです。
みなさまが当たり前のようになさってることが、実は、
社員のモチベーションをなくし、
社員のやる気が自然に下がっていく流れ
を作ってしまってるのです。
今回のセミナーでは、このような状況を解決させる方策をお伝えし
・誰もが納得できる事業計画を策定することができる
・経営目標の達成に社員がやる気を出せるようになる
・社員をその気にさせる経営目標の立て方、伝え方がわかる
・金融機関に対する経営目標の説明が、より迫力のあるものになる
・社員全員が同じ方向を向いて会社運営に携われるようになる
・より効率的な会社運営が可能になる といった結果を得ることができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

社員のほんとのやる気、引き出せていますか?

会社に利益が残せる値引きの仕方~セミナーの詳細が決まりました

取引先からの突然の値引きの要望に困ったことはありませんか?

今回だけ…

いつものことだから…

応えないと次がないかも…

このご時世だから…

こんなことばかり…

…など。

ですが、このような思いや考えは不要です。

今回、ご案内する講座では、

会社にとって有益な値引き

ができる対処法、経営判断をお伝えします。

 

以前お伝えしていたセミナーの募集ページが完成しました。

詳細はこちらをご覧ください。

その値引き、会社に有益ですか? 会社に利益が残せる値引きの仕方

その値引き!受けても利益が残せますか? セミナーのお知らせです。

事業をしていると取引先から値引きを要請されることがありますよね。

 

 

あなたはこのような値引きの要請があった時何を基準に判断しますか?

そして瞬時に判断できますか?

 

値引きの要請は単発の取引か、将来も続く販売単価の値引きか?

数量や売上金額の大きさ?

値引きを要請してきた相手との今までのお付き合いの度合い?

資金化までの期間の長さ?

 

確かにどれも大事ですね。

 

でも、もっと大事な基準はありませんか?

 

どんなデータを頭に入れておけば、値引きを受けてもまだ会社に利益が残せるか?

 

簡単にわかる方法をお教えします。

(ただいま募集ページ制作中です。先に手帳に予定を入れておいてください。)

 

日時

3月1日 (木)18:00~19:30

3月2日 (金)18:00~19:30

3月3日 (土)15:00~16:30、18:00~19:30

3月9日 (金)18:00~19:30

3月10日(土)15:00~16:30、18:00~19:30

内容はいずれも同じです。

ご都合のいい日にお越しください。

 

場所:クレディ長堀橋ビル9階

大阪市中央区島之内1-19-3

地下鉄堺筋線、長堀鶴見緑地線長堀橋駅4番出口徒歩2分

 

参加費:5,000円(早期申込割引あり)(詳細は後ほどお伝えします)

新ビジネス承継塾 第1期生8月開講!!

新ビジネス承継塾第1期生開講!

新ビジネス承継塾の0期生は本年2月より開講しておりますが、いよいよ第1期生を8月に開講いたします。

新ビジネス承継塾のカリキュラムは以前ここでお話ししましたので、そちらをご参照ください。

今回も塾は原則月に2回(隔週の火曜日を予定)、1回2時間(15時から17時を予定)で1年間のコースとなります。

1年間かけてカリキュラムに基づき入門編から実践編までをじっくり学んでいきます。

さあ、これからの時代に即した組織や人のマネジメント方法を一緒に学びませんか?

 

受講生の声

0期生は入門編が終了し基礎編に入っております。

ここに入門編が終了したところでの受講生の声を掲げておきます。

ご検討の際の参考になさってください。

 

なお、塾の無料見学は随時実施しております。

お問い合わせはこちらまで。

 

 

 

 

新ビジネス承継塾の4つのポイントと講義内容について

新ビジネス承継塾の4つの効果

今回は、私どもが開催しています「新ビジネス承継塾」についてご紹介しようと思います。

「新ビジネス承継塾」は今の時代に合った組織のマネジメント方法を体系的に学べる場です。
この場で学べるポイントは大きく以下の4点があげられます。
1.具体的なビジョン作りのノウハウを習得することができる
2.社員活動のマネジメントノウハウをしっかり理解できる
3.実践的なマネジメントの運用ノウハウを体系的に習得することができる
4.経営者が会計数字を経営に活用するためのノウハウ(計数マネジメント)を習得することができる

では、このような「新ビジネス承継塾」の具体的なカリキュラムはどのようになっているのでしょうか。

 

 

「新ビジネス承継塾」は3つの編「入門編」、「基礎編」、「実践編」に分かれています。

 

入門編

計数マネジメントは、数字を使った科学的経営をノウハウ化したものですが、マネジメントに対するしっかりした理解が前提として必要不可欠です。
入門編では、最低限必要なマネジメント知識と管理会計の基礎の習得を目的としています。

入門編のカリキュラムは下記のとおりです。

第一章 総論
1.計数管理は経営のツール
2.計数マネジメントの活用イメージ
3.計数と会議体の在り方
4.TOPが”こなしの業務”を”戦略的業務”にリフォームする!
第二章 マーケットの動向を探る
1.まず、マーケット(市場)について考えよう
2.マーケットは常に変化する
3.縮みゆくマーケット―マクロ的視点から考える
4.メガトレンドに乗れ!
第三章 成長する企業には、力強いメッセージがある
1.あなたのビジネスメッセージは単純かつ強力か?
2.強力な事業コンセプトの作成
第四章 変動損益計算書の活用-事業の「競争力」を測定する
1.制度としての損益計算書を理解する
2.経営には「変動損益計算書」が役に立つ
3.制度会計損益計算書を変動損益計算書に組み替えよう
4.変動損益計算書は、利益計画作成に役立つ
5.変動損益計算書は損益分岐点売上高の計算に役立つ
6.損益分岐点分析を深めよう

基礎編

 

単なる数字の羅列である一般的な損益計算書ではマネジメントを行うことはできません。
企業の組織活動の良否 が会計数字に反映されてこそ、マネジメントツールになるのです。
基礎編では、”組織”に対する理解と組織の活動全体を反映した
「機能別損益計算書」「事業別損益計算書」の習得を目的としています。

基礎編のカリキュラムは下記のとおりです。

第四章  ビジネスの展開方法を学ぶ
1.ビジネスの展開ノウハウを理解する
2.STEP1 計数分析
(1)ビジネス変動損益計算書を理解する―概念定義と読み方
(2)「生産力」を測定・評価する―活動生産性の活用と経営者の報酬決定
(3)固定費の本質を究めビジネス変動損益計算書を高度化する!
(4)人件費を中心に「競争力」を測定する-労働生産性で昇給枠を決定する
(5)ビジネス変動損益計算書と組織論
(6)機能別組織におけるビジネス変動損益計算書
(7)総括:会計計数を活用したマネジメント管理

 

実践編

基礎編で習得した「機能別損益計算書」「事業別損益計算書」の構築で、マネジメントの外堀は埋めました。
いよいよ実践編で、”本丸”に攻めていきます。”本丸”とは、”現場の社員の活動水準の数字による測定”です。
現場の社員活動を数字化することこそ経営改革の基本です。”バリュー・アップ・チエーン”というツールを習得することで、戦略的業務構築のノウハウを学んでいただきます。

実践編のカリキュラムは下記のとおりです。

3.STEP2 ビジネスモデルの構築または再構築
(1)マネジメント体系図
(2)事業コンセプトの決定
(3)事業コンセプトの具体的展開
4.STEP3 活動の管理システムの構築
(1)ダイナミズムのある業務をつくる
(2)活動指標の設定
(3)組織図で活動を明確にする
5.STEP4 目標面接を活用する
(1)目標面接で活用する―そこに活動指標を運用する
(2)優秀な管理者の要件
6. 計数マネジメントの体系を理解する

 

 

新ビジネス承継塾の効果

「新ビジネス承継塾」ではこのカリキュラムにそって、1回2時間の講義を月に2回1年間(年間22回)かけて実施しています。
講義形式は、大人数の講義方式ではなく少人数のワークショップ形式で行います。
これにより単に講義を聴くだけの薄い効果ではなく、議論に参加しあるいは実際の自社の問題に置き換えて考えることで、より理解の度合いを深めることができます。

 

 

さらに番外編(延長戦)として講義終了後懇親会を随時開催しています。
懇親会の場では講師と受講生あるいは受講生同士の交流を図ることは当然ですが、番外編ならではの効果として、講義で聞けなかった本音の話をお互いに自由に交える場とするため、講義内容を単なる理論ではなくより実践的なノウハウとして習得することができます。

 

講義の無料見学も実施しています。

お問い合わせはこちらまで・・・https://fujiwara-kanri.jp/contact