経営

企業はなぜ成長していかないといけないのでしょうか

今回はなぜ企業は成長しないといけないかということについて考えていきましょう。

企業の成長

ことあるごとに社長が「今期は売上高前年比110%を目指せ」といった類の発言をして社員にはっぱをかけているという話を耳にすることはよくあるのではないでしょうか。

では、なぜ企業はこのように成長していかないといけないのでしょうか。

これが家族経営の個人事業で家族(ごくわずかの従業員を含む場合もありますが)が生活できればいいという考えであれば無理に成長する必要はないでしょう。

逆に無理に成長しようとするとひずみが起き破綻するかもしれません。

しかし多くの従業員を抱え事業展開している企業の場合はそうはいきません。

なぜなら、企業は惰性に陥ると停滞するので常に活性化を図らなければなりません。

例えば人の採用に関していえば、退職者が出た時にその補充のために行うだけで普段は行っていない中小企業は多いと思いますが、惰性に陥らず企業を活性化させようとすれば定期的に人の採用を行う必要があります。そのためには企業は成長し続ける必要があります。

さらに企業は成長することでその社会的役割(より多くの顧客に満足を与え、より多くの社員に安心とやりがいを与える)も果たしていくことになります。

成長戦略

ここで企業の成長戦略について少し考えていきましょう。

例えば売上を伸ばすという大きな命題があります。

売上を伸ばすのにはどのようにすればいいのでしょうか。

やみくもにカタログを持って顧客(もしくは顧客になるかどうかわからないが取り敢えず目の前に並んでいる会社や個人)を順番に回ればなんとかなるのでしょうか。

昔ながらの「飛び込みでも何でもいいから1100件以上回ってこい!」という精神論的な営業方法は労多くして効果はほとんどないことは皆さんもよくお分かりだと思います。

では成長する(ここでは売上を伸ばすこととします)という大きな命題(戦略)に対してどのような方法(戦術)を取るべきでしょうか。

例えば今の商品ラインアップで顧客を増やす(市場拡大)のか、新商品(サービス)を開発して今の顧客の中にある潜在需要を掘り起こす(市場充実)のか、はたまた新商品(サービス)を新しい顧客に提供していく(市場拡充)のかはっきりさせないといけませんよね。

現実は上記のように単純なものではなくターゲットとなる顧客は誰なのか、潜在需要とはどのようなものが考えられてそれを掘り起こすためにはどのような商品(サービス)が必要なのか等々非常に緻密な検討が必要です。

これこそまさに戦術と言えるものではないでしょうか。

戦略、戦術、戦闘の関係についてはまたの機会にお話しします。

今回はここまで・・・

経営者あるあるの話

先日ある経営者の方とお話しをさせていただいている時に感じたことを今回はお伝えしようと思います。

ある経営者の悩み

その経営者の方は「従業員とコミュニケーションをとろうと思い昼食を一緒に食べたり定期的に飲み会を開催したりしているのだが、その効果がどれだけ出ているか見えない。」とお悩みでした。
ただ、そのお話しの中からは「コミュニケーションをとって何がしたいのか」という目的をはっきり受け取ることはできませんでした。

みなさんは行動を起こすときに、何をどうしたいのか?(目的)と、そのためにどのような方法で行うのか(手段)を意識し区別されているでしょうか。

組織を活性化させるための一つの方法として組織内のコミュニケーションを活発にすることは大切であるといわれています。これは非常に大事なことだと私も思います。

コミュニケーションをとる目的とその手段

この時の方法は何でしょうか。例えば定期的に社内(部内)で昼食会や飲み会を行う、あるいは意見交換会(名称は連絡会でも報告会でも構いませんが)を行うとかいろいろ考えられますね。
ではこういった会合を開催する目的は何でしょうか。お酒を飲んでいろいろ本音で話をすることでしょうか。あるいは会議で情報交換することが目的でしょうか。

違いますよね。ここで誤解の無いように申し上げますが、本音で話をしたり情報交換をしたりすることを否定しているわけではありません。私が言いたいのはコミュニケーションを活発にするということの本質的な目的は別にあるということです。

よく見受けられるのがコミュニケーションを活発にすることが大事だからそのために飲み会や意見交換会を開催しよう、と手段(この場合は飲み会や意見交換会の開催)が目的(開催することが目的になってしまう)となってしまっているケースです。
このような場合主催者(経営者もしくは当該部門の責任者)は、せっかく機会を作っているのにコミュニケーションがうまくとれていないとか、意思疎通がうまくいっていないと悩んだり不満を持ったりしています。

お悩みの解決です

ではこの場合の本質的な目的とは何でしょうか。それぞれの組織が抱える課題によって実際の目的は様々でしょうが、一般的に考えられる目的として「コミュニケーションを活発に行うことによって組織内の見えない壁を取り払い、情報や問題意識を共有することで各人の意識を同じ方向に向ける。それによって各人の能力をロスすることなく相乗的に最大限に生かし、組織としての活動を組織が目的としている方向に進むようにする。」が考えられますね。
この本質的な目的をはっきり認識していれば、目的を達成するためにどの手段(飲み会?、意見交換会?、昼食会?・・・)が一番効果的か意識しながら選択できるでしょう。そうすれば冒頭の経営者の方のような悩みはかなり改善されることでしょう。

少し意識を切り替えましょう

今回はコミュニケーションを例にしてお伝えしましたが、様々なビジネスシーンでこれは非常に重要なことです。みなさんが実際にある行動を起こす場合、本質的に何を目的としてこの行動を起こそうとしているのか、本質的な目的を達成するためにどの行動が一番有効か、あるいは効果を最大限発揮するために注意すべきことは何か、を常に念頭に置いて本質的な目的を見失わないようにしておかないと、せっかくの労力が半減どころかマイナスになってしまうかもしれません。
目的と手段を決してはき違えないようにしてください。

新ビジネス承継塾いよいよ開塾

あけましておめでとうございます。

いよいよ2017年2月より新ビジネス承継塾を開塾いたします。

新ビジネス承継塾とはどのようなものなのでしょうか。

このような悩みをお持ちの経営者の方に朗報です

・現在事業は成長しているがこの成長を将来も持続させるためにはどのようにすればいいのか

・事業を引き継いだが(引き継ぐ予定だが)これから組織をどのようにマネジメントしていけばいいのか

・幹部や社員をどのようにマネジメントしていけばいいのか

・会計をマネジメントにどのように活用していけばいいのか

・マネジメントの基本を体系的にしっかり学びたいのだがどうのようにすればいいのか

・自分の周りの経営幹部や次世代幹部候補の方のスキルアップをどのようにすればいいか

このようなお悩みをお持ちの経営者の方々に。

いよいよ新ビジネス承継塾を2017年2月より開塾します。

新ビジネス承継塾で理解・習得できる4つのノウハウ

新ビジネス承継塾では事業承継を成功に導く「計数マネジメント」4つのノウハウを理解・習得できます。
新ビジネス承継塾が提案する「計数マネジメント」4つのノウハウとは次のものです。

1.未来を切り開くノウハウがマネジメントの役割です。具体的なビジョン作りのノウハウを習得できます。

2.企業活動の本質は社員活動です。社員活動のマネジメントノウハウをしっかり理解できます。

3.マネジメントを体系的に学べます。MBAのような知識偏重型ではなく、実践的なマネジメントの運用ノウハウを習得できます。

4.「計数マネジメント」という“経営者の経営のための会計ノウハウ”を提供しています。

新ビジネス承継塾ではこの「計数マネジメント」とともに組織を有効に運用するための基礎を学びます

新ビジネス承継塾の特徴

1.月2回、1回2時間の学習を1年間実施することでマネジメントの基礎を学べます。はじめの一歩におすすめです。

2.塾は少人数のワークショップ形式です。一方的に講義を聴くだけではなく議論・座談会を通して主体的に参加するため、より深い理解を得ることができます。

3.塾の後は懇親会を随時開催(費用は実費精算)。同じような悩みを持つビジネスマン同士の交流を通じて研鑽を深めることができます。

お問い合わせ

受講料も非常に経済的です。塾の開催場所、カリキュラム、受講料等詳細は下記お問い合わせページよりお問い合わせください。

お問合せ

皆さんの受講をお待ちしています。

経営戦略の遂行|経営管理者に必要な5つの能力要件

 

a0002_009091

経営管理者に必要な5つの能力要件

前回経営戦略についてお話ししましたが、この経営戦略を遂行するのは経営管理者です。そしてこの経営管理者には経営戦略を遂行するために5つの能力要件が必要であると考えています。

その能力要件とは次の5つです。

1.結果を出す

2.企業方針を自部門方針として具体化し、部下にわかるように伝える

3.部下の能力ならびに業務レベルを引き上げる(仕事を評価できるシステムを作り上げる)

4.部下の活動を管理するシステムを作る(育成する)

5.部下のやる気を引き上げる(落ち込んでいるときは励ます)

つまり、経営戦略を遂行して結果を出すためには自分だけが頑張ってもだめで、部下をいかに有効に使うかということが非常に大事になってくるのです。

ここで部下を有効に使うためには、経営管理者が経営戦略をしっかり理解して、それを論理的かつ具体的に部下に伝え、部下がそれを理解して行動に移す必要があります。

経営管理者とコミュニケーション能力

この流れをもう少しわかりやすく書くと、「経営管理者が話したこと」が「部下に聞こえたこと」になりその次に「部下が理解できたこと」となり最後に「部下が行動したこと」となるわけです。このそれぞれのプロセスが100%達成できていれば問題ないのでしょうが実際はそうはいきません。

仮にそれぞれのプロセスが80%達成できた(達成割合とすれば十分合格点でしょうね)としても、最後の行動に移すプロセスでの達成率は80X80%X80%=51.2%となってしまいます。つまり、最初に経営管理者が言ったことのうち約半分しか実際に部下は行動できていない、ということになるのです。

これは上司(経営管理者)がどれほどコミュニケーション能力に優れていても、それだけでは経営戦略が有効に遂行されない、すなわち企業が経営管理者の予想ほど大きく発展しないということに他ならないのです。

ここで誤解の無いように言っておきますが、経営管理者にコミュニケーション能力がそれほど大事な要因ではないと言っているわけではありません。コミュニケーション能力は非常に大切な能力です。勘違いしないでくださいね。

経営管理者と能力要件

このように企業として経営戦略を有効に遂行していくためには、部下を育て、評価し、励ますシステムの構築が必要になります。

経営管理者にはこのシステムを適切に作り上げ、有効に機能させていく能力が要求されるということです。

最後に私が持っているコミュニケーション能力についての理解を整理しておきます。

日本人にはあうんの呼吸でわかるだろう(わかるはず)という文化がありますが現在のビジネスにおいては違います。

社長や経営幹部といった経営管理者は事業テーマとして「当社は何も目指しているのか?」を話せなければなりません。すなわち、経営管理者は会社を将来どのように展開していくのかという成長物語(サクセスストーリー)を作成し、社員に話す能力が求められます。

そしてそれは精神論や姿勢の話にとどまるのではなく、具体的でワクワク感があるものでなければなりません。

戦略・戦術・戦闘はそのストーリーに沿って展開していくものだと思っています。

%e3%81%b5%e3%81%98%e3%82%8f%e3%82%89%e3%82%88%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%8b%e6%a7%9802

 

上手な会社経営のコツ|成り行き経営を回避する3つのポイント

Office building on a background of the blue sky

Office building on a background of the blue sky

企業にとって最適な経営理念とは

科学的経営って?

インターネットをはじめとするIT環境の発達でわずか10年前には考えられなかったほどの情報がいたるところに溢れ、社会環境も日々急速に変化してきている現代において、会社組織を適切にマネジメントし企業を社会環境の変化の波に埋没させることなく持続的に発展させていくための今の時代の経営とはいったいどのようなものなのでしょうか。

ところで皆さんは会社経営をどのようにされていますか?

その時々の情緒的雰囲気や気合い等の精神力や経験と勘に頼ってされていませんか?

このような経営は「成り行き経営」と呼んでもいいのではないのでしょうか。
確かに情報があふれかつその情報を誰でもいつでも身近に収集し活用できる現代ではなく、一部の人(組織)に情報が集中し他の人(組織)は限られた情報で意思決定や判断を行わなければならない時代は“成り行き経営”でも通用したでしょう。
しかしそのような時代は過ぎ去りました。
これからはすべての人があらゆる情報を瞬時に収集し活用できるこの時代に合った企業経営を行わなければ、時代に取り残されやがては消え去っていくでしょう。

では、どのような企業経営がこれからの時代に合ったものなのでしょうか。

この問いに対して私は“科学的経営”が非常に効果のあるものであると考えます。

経営はアートとサイエンスだ!

“科学的経営”とは聞きなれない言葉かもしれませんが、私は経営とはアートとサイエンスの融合であると考えています。
アートとサイエンスってどういうことなの?と思われるかもしれませんが皆さん無意識のうちに何らかの形で実践されていると思います。

まずアートについてですが、お客さんに自社の商品(製品、サービス)を選んでもらうためには他社よりも独創的な商品(製品、サービス)を開発し提供する必要があります。すなわちアートフルでなければならないのです。でなければ無意味な価格競争に陥り結局消耗しか残らないというつらい結果が待っています。

ではサイエンスとはどういうことでしょうか。これは、事業コンセプトという仮説に基づいて経営を行い、その結果を検証し、成果が出れば仮説が正しかったということになりますし、成果が出なかったのであれば仮説を見直し新たな仮説に基づいた経営を行うことです。
わかりやすく言うといわゆるPDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルの実践です。
少しPDCAサイクルのおさらいをしておきましょう。
P(Plan)は目標を定めそれを具体的な行動計画に落とし込むことです。
D(Do)は実際のその行動計画を実行することです。ここで
C(Check)は行動計画を実行している途中で成果を評価・分析することです。
A(Action)は成果の評価・分析に基づいて必要に応じて修正を加えることです。
従業員が個人個人でこのサイクルを実践してももちろんある程度の効果は期待できますが、経営者が組織構成と人員配置を適性に行い従業員の動機付けを行いながら具体的な行動を従業員に指揮・命令するほうが組織としての大きな力を生み出すことができます。つまり組織として科学的にこのサイクルを行うことで、集団としての業務品質向上に効果を期待することができ結果として組織に大きな力が備わることになるのです。
したがってこのサイクルを有効に行おうとすれば必然的に科学的な経営、すなわち合理的なマーケティングや人事管理、さらにしっかりした経営戦略に基づいた合理的な計数を用いた適切な管理が必要になるのです。

%e3%81%b5%e3%81%98%e3%82%8f%e3%82%89%e3%82%88%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%8b%e6%a7%9802

 企業の役割と経営の目的

企業の役割

みなさんは、企業の役割とはどのようなものだとお考えでしょうか。
役割を考える前に社員に限りませんが現代人の二面性について理解しましょう。

現代人は一方で生活人としての側面を持ちますが他方で労働人としての側面も持ちます。

生活人として企業と接する場合は企業に優れた商品(製品、サービス)の提供を求めます。

ただ残念なことに企業においては企業間の競争に関心が向き企業が本当に相手にしなければならない生活人がややもすればあまり見えていない場合もあります。しかし企業の生活人に対する役割は、優れた商品(製品、サービス)の提供ということになります。

他方労働人として企業と接する場合は企業に“やりがいと安心感”を求めます。これは単に役務の提供とそれに対する対価としての報酬というものではなく、“満足のいく生活設計ができるという安心感”を求めるということです。

すなわち企業の役割とは①生活人に優れた商品(製品、サービス)を提供し②労働人にやりがいと安心感を提供するということです。

経営の目的

皆さんは経営の目的は何だとお考えでしょうか。

売上高を伸ばすこと?

利益を増やすこと?

確かにどちらも会社を維持発展させていくために必要なことですが果たしてそれを目的としていいのでしょうか。

私は経営の目的の一番の根本は“顧客満足の追求”だと考えています。

この目的を追求していくことで短期的には生産性を追求することで利益の増大という結果が、長期的には成長を追求することで売上の伸長という結果が生まれてくると考えています。これは顧客満足の追求とは安売りであるということでは決してないということです。

また別の視点からは、“顧客満足の追求”を推し進めることで社内では社員にやりがいと安心感を与える結果となり、社外では取引先との関係性を強化する結果が生まれてくると考えています。

これも安売りからは決して生れてこない結果だと思います。

 

 

会社をうまく動かす|有効な経営戦略のための4つの要素

cow121000645_tp_v

 

 

 

 

 

 

経営戦略

以前私は「成り行き経営」から脱却するためには”しっかりした経営戦略に基づいた合理的な計数を用いた適切な管理が必要になる”とお伝えしました。

なんだかよくわからない言葉が並びましたね。

なので、今回は”しっかりした経営戦略”についてお話をしていきます。

戦略・戦術・戦闘

いきなり経営戦略についてお話をする前にまず、戦略・戦術・戦闘の違いについてはっきりさせておきましょう。

ウィキペディアで調べると「戦略は特定の目標達成のために、総合的な調整を通じて力と資源を効果的に運用する技術・理論である。」とあります。
さらに「一般的に戦略は戦闘部隊戦場で優位に立てるようにするための巨視的な策略であり、一連の戦闘における勝利を高次元で最大限に利用する術策である。これに対応して戦術は戦闘において勝利を得るために部隊を運用する術である。」ともあります。

ただしこれは軍事用語を前提に書かれてあるので具体的にイメージしにくことでしょう。

今は経営戦略についてお話ししたいのでここでは一旦「(経営)戦略とは企業が抱える課題に対してどのような考え方でそれを解決するのかを表現したものであり、戦術とはその戦略を現場に理解浸透させるための具体的な方法であり、戦闘とは実際に課題を解決するために行う行動である。」と定義します。

経営戦略の構成要素

では、しっかりとした経営戦略とはどのように作り上げればいいのでしょうか。

そのためには経営戦略とはどのような要素から構成されているかを紐解く必要があります。

経営戦略には市場戦略、組織戦略、要素戦略、社風戦略の4つの要素から構成されていると考えることができます。
ではそれぞれ具体的にはどのようなものなのでしょうか。

市場戦略

市場戦略とは、何を誰にどのように提供するかを明確にすることです。

「何を」とは提供する商品(サービス)が何でそれはどのような競争力(魅力)があるのかということです。

「誰に」とはその商品(サービス)を提供する相手(顧客)が明確であるかということです。

「どのように」とは自社の業態つまり商品(サービス)を顧客に提供する形態はどのようなものであるかということです。

組織戦略

組織戦略とは、多くの事業を生み出し発展させる力である企業力を最大限発揮させるために必要な組織形態をいかにして構築していくかということです。

つまり、明確な市場戦略がありこれを遂行するために最も有効な組織形態はどのようなものか、それを構築するためにはどうすればいいかを明確にすることです。

要素戦略

要素戦略とは、経営の3要素であるヒト・モノ・カネにノウハウを加えた4要素を適材適所へ配置するということです。

つまり、企業が市場での様々な戦いに勝ち抜くために最も適した組織形態をつくり、その組織に魂を吹き込むために経営の4要素をどのように配置するのかということです。

社風戦略

社風戦略とは、企業目的に適ったうえで市場での様々な戦いに勝ち抜く社風を作り出していくことです。

ここでの社風とは企業における文化であり、対内的には社員の行動に影響を与え、対外的には企業イメージとなるものです。

%e3%81%b5%e3%81%98%e3%82%8f%e3%82%89%e3%82%88%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%8b%e6%a7%9803

しっかりした経営戦略を作り上げるということは、この4つの要素のバランスを取りながら企業の抱える課題を詳細に検討しどのように解決していくかを表現していくということになります。