経営者に必要な5つの要件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前このコラムで経営管理者に必要な5つの能力要件についてお話ししました。

この5つの要件は当然経営者(リーダー)にも必要なものですが、今回は特に経営者(リーダー)に必要とされる5つの要件についてお話ししていきたいと思います。

 

以前お話しした経営管理者に必要な5つの能力要件とは以下のものでしたね。

.結果を出す

.企業方針を自部門方針として具体化し、部下にわかるように伝える

.部下の能力ならびに業務レベルを引き上げる(仕事を評価できるシステムを作り上げる)

.部下の活動を管理するシステムを作る(育成する)

.部下のやる気を引き上げる(落ち込んでいるときは励ます)

経営者に必要な5つの要件

では、経営者(リーダー)に必要とされる5つの要件とは以下のものだと考えます。

1. ビジョン=会社の未来像を明確に示す

2. ビジョン達成のためのミッション=役割・使命を示す

3. ビジョン・ミッションを遂行するに足る高い人格を持つ

4. ビジョン・ミッションを遂行するために不断の努力をする

5. ビジョン・ミッションを遂行するための強い意志を持つ

ビジョン=会社の未来像を明確に示す

まずビジョン=会社の未来像ですが、これは会社が将来どのように展開していくのかという成長物語(サクセスストーリー)であると考えます。経営者はこの成長物語(サクセスストーリー)をより具体的でわくわく感を持たして作成し、それを部下に熱く語って共有できるようにしなければなりません。

ビジョン達成のためのミッション=役割・使命を示す

次にビジョン達成のためのミッション=役割・使命ですが、ビジョンがより具体的でわくわく感があるということは、会社が目指すべき具体的な目標があるといえます。そうなればその目標に向かって進むために果たすべき役割・使命(ミッション)が明らかになってきます。このミッションを示すことで会社の将来像とその実現のために果たすべき役割・使命を具体的に全従業員が共有できることとなるのです。このミッションは経営理念にもなり得るものです。

ビジョン・ミッションを遂行するに足る高い人格を持つ

そして素晴らしいビジョン、ミッションを達成し永続的に成長発展していくためには経営者に高い人格が要求されます。なぜなら経営者は自ら掲げたビジョンに向かっていくなかでさまざまな判断を行い、集団を正しい方向にリードしていかなければなりません。経営者に明確な正しい判断基準がなくただ単に利益のみを追求するような姿勢があれば、社内に何をしても儲かればいいという風潮がはびこり、結果として少しくらい不正なことをしてでも儲けようとする社員・幹部が出てくる可能性が非常に高くなります。そうならないためにもまず経営者自身が立派な考え方を持った人格者になり従業員の模範たる必要があるのです。

 

ビジョン・ミッションを遂行するために不断の努力をする

また、経営者は誰よりも一生懸命働き、その姿勢を部下がまねるほどにならなければなりません。経営者にはだれにも負けない努力を払うという真摯な姿勢が必要なのです。経営者たる者は、一生懸命に働くその背中を見せながら、組織の中心人物として率先垂範、部下を引っ張っていくことが肝要なのです。

 

ビジョン・ミッションを遂行するための強い意志を持つ

最後に、経営者は強い意志を持たなければなりません。ビジネスの世界では激しい景気変動や予期せぬ事態に巻き込まれることもあります。その中で強い意志を持たない経営者は、一度立てた目標もすぐに撤回や下方修正をしてしまうことでしょう。それでは目標の意義がなくなり経営者の信頼と尊敬を失ってしまうことになります。経営者はどんな困難に遭遇しようとも一度立てた目標の達成を決してあきらめない強い意志を持つ必要があるのです。

にほんブログ村 経営ブログ 経営支援へ にほんブログ村 経営ブログへ *ブログ村に参加してます
  

SNSでもご購読できます。